まだまだ残暑厳しい日が続きますが
暦では秋

秋の味覚の一つ
キノコが旬を迎える時期です。

いろんなお料理に使えるので
つい買いすぎてしまうこともありませんか?

干椎茸のような
乾燥キノコはおなじみですが
今回は
キノコの冷凍保存を教わりました。

キノコは
数時間日光に当てると
旨みが増すと言われていますが
実は冷凍することでも旨みが増すようです。

理由は
冷凍することで
キノコの水分が膨らんで細胞壁が壊され
その後
加熱調理することで
壊れた細胞から
様々な旨み成分や栄養が
より多く溶け出すからだそうです。

保存期間は一ヵ月ほどで
調理するときは
凍ったまま使えます。

 

ただし
一度凍らせたキノコは柔らかくなるので
食感や歯ざわりを楽しみたいお料理には
乾燥したキノコを使い
旨みを活かしたいお料理にだけ
冷凍キノコを使ってもいいですね。

保存には
冷凍用の袋が良いみたいです。

「椎茸」
「エリンギ」
「マッシュルーム」などは
食べやすい大きさに切って

また
「まいたけ」
「えのき」
「しめじ」は
石づきを落とし
ほぐしてから袋に入れること。

 

真空パックで売られている
「なめこ」は
そのまま冷凍できます。
お好みのキノコをミックスしたり
サイズごとに切り分けて保存しておくと
とっても使い勝手がいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦 令和元年9月7日
旧暦 8月9日

白露(はくろ)
草露白(くさのつゆしろし)

 

白露(はくろ) とは
夜中に大気が冷え
草花や木に朝露が宿り始める頃。
降りた露は光
白い粒のように見えます。
日中の暑さも和らぎ始め
だんだんと秋の気配が深まってきます。

 

草露白(くさのつゆしろし)とは
草花の上に降りた朝露が
白く涼しく見える頃。
夏から秋への変わり目です。
「露が降りると晴れ」という言葉があり
朝霧は1日の天気を伝えてくれます。