静岡県伊豆市土肥

日蓮宗 清雲寺

小田原北条氏時代
伊豆水軍で活躍した
土肥城主富永山城守の菩提寺です。

清雲寺のHPはこちら

90枚の板絵は
日蓮上人の一代記を描いた
畳一畳大ほどの極彩色の板額絵です。
順番に拝見することで
日蓮大聖人の一生を知ることができます。

これは伊豆市の文化財です。

令和2年から御朱印を作られたそうで
第1号をおわけいただきました。

新年から良いご縁をありがとうございました。

伊豆市土肥へお越しの際は
ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

今日もありがとうございます

新暦 令和2年年1月7日
旧暦 12月13日

小寒(しょうかん)
芹乃栄(せりすなわちさかう)

小寒(しょうかん)とは
寒の入りとも言われ
これからさらに寒さが厳しくなるころ。
小寒から節分までの30日間のことを
「寒の内」と言います。
寒さがあけると立春になりますね。

芹乃栄(せりすなわちさかう)とは
芹が生え始める頃。
芹は春の七草のひとつで
冷たい水辺で育ちます。
一箇所から競り合って生えていることから
芹(セリ)という名前になりました。