何かの原因で水が浸み込む

長い年月、この状態が続く

木材が腐朽する

シロアリが姿を現す

木材に被害を及ぼす

水の浸み込みは
なかなか発見できません。

表面に何かの影響が出て初めて
その被害に気づきます。

被害に気づいた時
多くの場合
進行は進んでいます。

 

お施主様にとって
想いでの多く詰まった住まい。

お抱え大工さんだからこそ

責任を持って復旧に努めていかなければなりませんね。

 

 

 

 

今日もありがとうございます

新暦 令和2年年1月9日
旧暦 12月15日

小寒(しょうかん)
芹乃栄(せりすなわちさかう)

小寒(しょうかん)とは
寒の入りとも言われ
これからさらに寒さが厳しくなるころ。
小寒から節分までの30日間のことを
「寒の内」と言います。
寒さがあけると立春になりますね。

芹乃栄(せりすなわちさかう)とは
芹が生え始める頃。
芹は春の七草のひとつで
冷たい水辺で育ちます。
一箇所から競り合って生えていることから
芹(セリ)という名前になりました。