「WAGYU」

世界の美食家から呼び親しまれる和牛肉。

和牛とは
・黒毛和種
・褐毛和牛種(あかうし)
・日本短角種
・無角和種
の4品種をいいます。

この4品種間内で交配された牛が
国内で流通する「和牛」のすべてです。

「和牛」とは品質を表す言葉のようですね。

 

日本人の食のこだわりは
次第に産地や肥育法を厳しく規定した
ブランド牛を生み出しました。

神戸牛、松坂牛、近江牛は
ナイフなしで食べられる柔らかさと
常温で溶けるサシ(霜降り)が有名です。

100年以上伝統が守られています。

そして、
品質の証しに
肉量や肉質、霜降りの度合いが厳しく格付けされてます。
そして等級によって価値が上下しているそうです。

たとえば松阪牛であれば
生産区域が三重県の雲出川以南、宮川以北の地域
(旧22市町村(市町村数は2004年11月1日現在)

生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入され
松阪牛個体識別管理システムに登録された黒毛和種かつ未経産の雌牛

生産区域でのみ肥育され生産区域での肥育期間が最長、最終

という定義です。

 

そして近年は
各地で地域色を生かした新ブランド作りが盛んにおこなわれています。
今では200以上もあるようです。

私の住む静岡県でも

あしたか牛
伊豆牛
遠州夢咲牛
特選和牛静岡そだち

の4種類があるそうです。

みなさんの地域にも
地域ブランド和牛を食べてみてはいかがでしょうか。

その地域の
気候風土、地元の食材から作る餌、地形などの
特色を生かして、特色あるブランド牛が育っています。

今日もありがとうございます

 

新暦 平成31年1月9日
旧暦 12月4日

小寒(しょうかん)
芹乃栄(せりすなわちさかう)

小寒(しょうかん)とは
寒の入りとも言われ
これからさらに寒さが厳しくなるころ。
小寒から節分までの30日間のことを
「寒の内」と言います。
寒さがあけると立春になりますね。

 

芹乃栄(せりすなわちさかう)とは
芹が生え始める頃。
芹は春の七草のひとつで
冷たい水辺で育ちます。
一箇所から競り合って生えていることから
芹(セリ)という名前になりました。