上勝町の葉っぱビジネス

全国でも有名なお話です。
多くの皆さんもご存知かと思います。

上勝町は
人口2000人の町。
人口の半分が高齢者だそうです。

葉っぱビジネス。

高齢者が自宅の裏山に行って
葉っぱを取ってくる。
その日のうちに飛行機に乗せて
全国の料亭に送られます。
そこで「つまもの」として料理に添えられます。

お話では
70代〜80代の高齢者が
1日2〜3万円
月収60万円にもなるとか。。。

このビジネスは
葉っぱが占める割合は約5%。

残りは
「場面」「価値」「情報」「仕組み」

最高の「場面」はどこにあるのか。
どうしたら葉っぱの「価値」が発揮されるのか。
どこに「情報」を流したらいいのか。
どんな「仕組み」を作ったらいいのか。

おばあちゃんという「役者」が
葉っぱという最高の「舞台」が用意され活躍しています。

お話は
株式会社いろどり 代表取締役 横石氏
https://www.irodori.co.jp/own/index.asp

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦  令和元年5月16日
旧暦 4月12日

立夏(りっか)
竹笋生(たけのこしょうず)

 

立夏(りっか)とは
夏の始まりの時期。
さわやかな五月晴れの空に
鯉のぼりが気持ちよさそうに泳ぎます。
一年のうちでもっとも過ごしやすい時期です。

 

竹笋生(たけのこしょうず)とは
たけのこがひょっこり顔を出す頃。
伸びすぎないうちに収穫しなければ
美味しいたけのこは味わえません。
種類によって収穫期は異なるので
三月から六月頃まで収穫できます。