古民家をなんとかしたい。。。

そんな相談が多くなっています。
それぞれの会員がお話を聴きながら
方向性を見出しています。

古民家再生協会では
情報共有や情報提供をしながら
会員のスキルアップを目指します。

 

まだまだ、悩みは多いですね。
一歩づつ。

 

静岡県古民家再生協会
6月定例会

ご報告です

 

今日もありがとうございます

 

新暦 令和元年6月6日
旧暦 5月4日

芒種(ぼうしゅ)
蟷螂生(かまきりしょうず)

 

芒種(ぼうしゅ) とは
稲や麦など穂の出る植物の種を蒔く頃。
稲の穂先にある針の様な突起を
芒(のぎ)と言います。
このころから雨空が増えてきます。

 

蟷螂生(かまきりしょうず)とは
秋に生みつけられた卵から
かまきりが誕生する頃。
かまきりは農作物には手をつけず
害虫を捕まえてくれる
私たちにとってありがたい存在です。