今日は「 新民家 」のお勉強。

循環型建築社会の構築へ
壊される家をしっかりと見極めて
次代へ繋げていきます

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦 令和元年6月11日
旧暦 5月9日

芒種(ぼうしゅ)
腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)

 

芒種(ぼうしゅ) とは
稲や麦など穂の出る植物の種を蒔く頃。
稲の穂先にある針の様な突起を
芒(のぎ)と言います。
このころから雨空が増えてきます。

 

腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)とは
ホタルが暗闇に光を放ちながら
飛び交う頃。
きれいな水辺に住んでいると思われがちですが
野原でも蒸れて腐りかけた草の下で
明かりを灯し始めます。