古民家を通じた古き良い伝統や文化を後世に・・・
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 未分類

未分類

流行の季節

寒さが増して空気が乾燥する季節になってきました。 この時期に 気になるのがインフルエンザ。 日本では毎年11~12月頃に流行が始まり 1~3月がピークと言われています。 インフルエンザの症状は風邪とよく似ています。 違い …

静岡県古民家再生協会 1月定例会

2020年 スタートしました 今年も元気に 静岡県の古民家を未来の子どもたちへ つなげていきましょう!!   古民家鑑定士のスキルアップも欠かしません。         …

腐朽とシロアリ

  何かの原因で水が浸み込む ↓ 長い年月、この状態が続く ↓ 木材が腐朽する ↓ シロアリが姿を現す ↓ 木材に被害を及ぼす 水の浸み込みは なかなか発見できません。 表面に何かの影響が出て初めて その被害に …

寄席文字

寄席の席や番組を見ると まず最初に目に入る 出演者の名前が筆で書かれた 大看板や高座のめくり その文字は なんとなくいつもと違う雰囲気を感じます。 この文字は 「寄席文字」という書体。 特徴は 大入りになりますようにと …

地域の資源を探がしてみよう 一楽山 清雲寺

静岡県伊豆市土肥 日蓮宗 清雲寺 小田原北条氏時代 伊豆水軍で活躍した 土肥城主富永山城守の菩提寺です。 清雲寺のHPはこちら 90枚の板絵は 日蓮上人の一代記を描いた 畳一畳大ほどの極彩色の板額絵です。 順番に拝見する …

緻密な文様 江戸小紋

江戸時代に武士の裃(かみしも)として発展し のちに、町民の間でも盛んに着られるようになった 「江戸小紋」 遠目には無地に見えますが 近寄って目を凝らすと 地色には白い点や線が無数に散らばっています。 その集合体が 模様を …

冬の語源は諸説、いくつもあります。 その中から少しだけご紹介します。 “冷える”という意味の 『冷(ひ)ゆ』という言葉が“ふゆ”に。 “寒さが猛威を振るう”という意味の 『振(ふ)ゆ』が“ふゆ”に。 冬は寒さで震えるので …

旅の相棒 携帯品

「火打道具はタバコを吸わぬとも携帯すべし。 宿屋の行燈は消えやすし」 と説明があったのは 旅の案内書として1810年に出版された 「旅行用心集」とのこと。 江戸時代は 参勤交代で五街道が整備され 庶民も「お伊勢参り」など …

地域の資源を探がしてみよう 指宿と南九州市

鹿児島県 指宿市と南九州市 目に入ってきたのは そうめん流し。。。 流しそうめんではないのか?? そんな疑問を持ちながら 唐船峡へ   そうめんが流れていました。 初感覚で楽しい時間ですね。 子どもたちは楽しめ …

神猿(まさる)さん

まさるは 「魔が去る」 「勝る」に通じていて 大変縁起のよいお猿さんを表しているようです。 神社の境内 両隅に見かける狛犬。 この日訪れた神社では 犬ではなく、猿が。。。 狛猿と言い 「日吉神社」 「日枝神社」 「山王神 …

« 1 2 3 4 16 »
PAGETOP