ジョージア
昔は、グルジアと呼んでいました

コーカサス地方にあります。

首都はトビリシといいます。
日本からはあまり馴染みのない国。

ジョージア  最終日
首都トビリシの散策です。

地下鉄に乗ってみましょう。

現地の方に
切符の買い方を教わり
乗車してみます。

目的地はトビリシ中央駅

こちらは中央駅
ここから
アゼルバイジャン
バグー行きの列車もあるのですね。

日本のように
人が多いわけでもなく
静かなプラットホーム。

静かな街中を抜けて
旧市街地 ナリカラ要塞が見える丘へ

今回は時間がなく
立ち寄れませんでした。

ここジョージア

まだまだ魅力満載の国。
また来たいなぁと思いながら
空港へ向かいます。

次の目的地
アゼルバイジャン バクー へ

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます。

 

 

 

新暦 令和元年9月4日
旧暦 8月6日

処暑(しょしょ)
禾乃登(こくものすなわちみのる)

 

処暑(しょしょ) とは
厳しい暑さの峠をこした頃です。
朝夕には
涼しい風が吹き
心地よい虫の声が聞こえてきます。
暑さが和らぎ
穀物が実り始めますが
同時に台風の季節でもあります。

 

禾乃登(こくものすなわちみのる)とは
日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。
稲穂はこぼれるように実り
色づき始めます。
しかし
この時期は台風が襲来してくる時期であり
各地で農作を祈るお祭りが開催されます。