古民家を通じた古き良い伝統や文化を後世に・・・
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

次代への流通

ここでは 既存住宅アドバイザイー 既存住宅インスペクター と呼ばれます。   中古住宅という表現ではなく 既存の住宅という表現で表しています。     既存住宅の価値を残しながら 次代へと流通させるこ …

静岡県もスタート

東京をはじめ 全国で開催されている 『住育検定』 http://www.jyuiku-kentei.org   静岡県静岡市 グランシップを会場として 初開催となりました。     去る10 …

2年の軌跡

全国では 多くの古民家鑑定士の皆様がご活躍されています。 ここ静岡県でも 静岡県古民家再生協会は 3年目に入ります。 その軌跡を特集して頂きました 伝統住宅のススメ 11月号 ここでご紹介したいところですが。。。。 ぜひ …

理(ことわり)から学ぶ

『理』 みなさんは、なんと読まれますか?「り」でしょうか。自分も「り」としか読めませんでした。 今日は 「ことわり」と読んでみたいと思います。 この読み方を伝えて頂いたのは 『おうちのはなし』という本です。 「伝統住宅の …

循環型社会へ向う

循環型社会の構築 って簡単言いながら実際にどのように目指すのか。 今の自分に出来る事の一つに グリーン建築の家を薦めることがあります。 グリーン建築とは?http://www.g-cpc.org   お客様にし …

自分とって本当に良い家って?

住まいについて学び家族について考えよう! それは『住育』 家をお持ちの方もこれから家をお持ちになる方も。 家に住んでいる人すべての方々に学んで頂きたい機会です。 それは『住育検定』 住育検定 公式サイトhttp://ww …

静岡県も一歩を踏み出します。

循環型社会を目指して 静岡県にグリーン建築の家が認定されました。 グリーン建築社会は新しく建築する住宅に再生可能な循環型建築資材を活用することです。 循環型建築(グリーン建築)によって持続可能な建築物として未来の子ども達 …

次代へ繋ぐ力

私がお伝えできる事は 「古民家鑑定士の皆さんが同じ方向を向いて」という事。   平成24年10月21日 新大阪にて グリーン建築推進協議会 近畿地区会員大会が開催されました。   近畿地区の古民家再生 …

地域に眠る宝を

『沼津垣』 箱根山の丸い篠竹を職人の手で丹念に網代に編んだ沼津特有の竹垣   第10回 民家の甲子園 全国大会 第5位の沼津商業高校   地元 「広報ぬまづ」に紹介されました。   まだ見ぬ沼津に眠る …

住育サミット2012 IN 東京

理屈のない安心感理由のない安心感 そんなことを家に求めていませんか? 家に関わるすべての事。それを考えるの機会が住育です。 10月19日の住育の日 東京にて開催されました。 住まいについて4名のパネリストがそれぞれの住育 …

« 1 249 250 251
PAGETOP